Home repair

大規模修繕工事をすれば安心|マンションを強化する

住居者への配慮を考える

独自の施工を行う業者も

模型

土地の価格が高い東京都内では、一戸建て住宅よりもマンションの需要が高い傾向にあります。
この事もあり東京都内、特に人気のエリアには多くのマンションが建築されています。
マンションは新築時は何も問題なくても、経年劣化によって様々な箇所を修繕する必要が出てくるものです。
特に外壁部分は、大規模修繕で必ずメンテナンスしておきたい箇所です。
経年劣化によって外壁にひびが張ったり、剥がれ落ちてしまうなどした場合、大きな事故に繋がってしまう恐れがあります。
安全性を考えるなら、マンションの大規模修繕は必須と言えるでしょう。
東京都内では多くの業者が、マンションなどの大規模修繕を行っています。
インターネットで検索すると、多くの業者を確認する事が可能です。
ただ、多くの業者の中から信頼できる業者を選ぶのは、時間も手間もかかってしまいます。
大規模修繕を依頼する業者を選ぶ際は、住居者のストレスを考えた施工を行っているかどうかを、確認してみましょう。
マンションの大規模修繕は、何ヵ月もベランダが使えないなどの不便さが生じます。
また、工事中の音や臭いなどもストレスとなる原因の1つです。
住んでいる方にとって、このような事態はかなりのストレスです。
大規模修繕を行う業者の中には、日照を遮らない方法で外壁部分の大規模修繕を行う所もあるようです。
また、出来るだけ工事中に騒音を出さないなど、最新の注意を払っている業者もあります。
東京都内で大規模修繕を行う場合は、このような配慮をしてくれる業者を探すといいでしょう。

屋上や外壁の防水対策

工事中の建物

東京都内でも多く、マンションやビルの大規模修繕は行われています。
利便性の高いエリアにはマンションが、ビジネス街にはオフィスビルが多く建築されている東京都、大規模修繕している建物を見た事がある方も多いでしょう。
マンションやビルの大規模修繕では、様々な箇所のメンテナンスを行います。
東京都で大規模修繕を行う場合、屋上や外壁の防水対策は基本です。
東京都は他の県よりも比較的降水量は少ないものの、近年増えているゲリラ豪雨によって、マンションやビルは雨の影響を受けやすくなっています。
特に屋上や外壁は常に雨や風、紫外線のダメージを受け続けている事もあり、経年劣化によって防水機能が低下してしまうのです。
屋上・外壁の防水機能が十分に働かなくなると、ひび割れを起こしてしまいます。
結果、雨漏りをしてより大掛かりな修繕が必要になるケースもあるのです。
雨漏りまで引き起こさない為にも、防水機能を高める必要があります。
マンションやビルといった大きな建物では、屋上の防水対策として「アスファルト防水」を施すのが一般的です。
アスファルト防水は施工の歴史が古く、また実績も高い方法となっています。
1回施工を行えば防水効果は、約20年程度キープ出来る点がアスファルト防水の魅力です。
外壁の防水対策としては、塗料を塗って対処するケースが多くなっています。
屋上や外壁のダメージが大きくなる前に、大規模修繕を行う事によってマンションやビルの資産価値をキープ出来るでしょう。

足場を組まない施工法

住宅

東京都内のマンションを大規模修繕するという場合、どのような施工法を行うかを決めなければいけません。
東京都内にはマンションやビルの大規模修繕を行う業者が多く、それぞれ違う施工法を行っています。
通常、マンションやビルなどの大規模修繕では足場を組むのが一般的です。
ですが、東京都内の業者の中には足場を組まない、「ゴンドラ工法」という施工法を採用している所もあります。
ゴンドラ工法とは屋上からゴンドラを吊るして、その中に作業員が乗り込み外壁を修繕する施工法です。
足場を組む施工法の場合、マンションを取り囲むように足場を組まなければいけません。
危険性が無いようネットも張るので、太陽の光が遮られ、また圧迫感を感じやすくなります。
東京都のマンションを大規模修繕する場合、完了までに数か月の時間がかかる事が予想されます。
数か月の間、足場によって部屋が暗くなってしまうのは、住人にとって大きなストレスです。
また、足場を伝って部屋の中に泥棒が侵入するという、空き巣被害も懸念されます。
ゴンドラ工法は全く足場を組む事なく、外壁の修繕を行う施工法です。
太陽の光を遮る事は無いので、工事中に圧迫感を感じにくいでしょう。
もちろん、部屋へと侵入しやすくなる足場も無いので、防犯面でもゴンドラ工法は大きなメリットがあります。
施工法を選ぶ場合、住人へのストレスや防犯性という事を考えて、ゴンドラ工法を選択するという方法も良いでしょう。